スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古河市からの回答

古河市からの回答をご紹介させていただきます。

古河市の子ども違を守る会
代表 渡邉 範子 様
                                古河市長 菅谷 憲一郎
拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
日頃より市行政に対しまして、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
この度、貴方様よりいただきましたご要望につきまして、下記のとおり回答させていた
だきます。ご理解、ご了承いただけますようよろしくお願い申し上げます。
                    記

(要望)
要望1・専門医による甲状腺検査を含む健康調査を長期にわたり定期的に実施して下さい。
要望2・学校給食の安全性を担保するため、検査器の精度向上をはかって下さい。
要望3・茨城県を「原発事故子ども・被災者支援法」の対象地域に指定するよう県と国 に対して強く要望してください。

(回答)
要望1について
現状では県より、県民の内部彼ばくにつきましては、福島県民の内部被ぼく検査結果
及び国、県、市町村、民間で実施されている食品検査の結果において、問題のある内部
被ばくの方がいないことなどから、お子さんに健康診査が必要と考えていないとの意見
を伺っております。市では、簡易測定器により定期的に空中放射線量を測定し、市民に
周知しておりますが、今のところ健康に影響のあるレベルではないと考えております。
不安を抱いている市民の相談には、保健所等関係機関と連携して対応してまいります。
問合せ先:健康推進課(福祉の森)
電話 48-6882

要望2について

市では今年度購入したNaIシンチレーションスペクトロメータ式の1台と、消費
者庁から貸与された2台を使用して10施設12献立の学校給食のスクリーニング検
査を行い、結果を市ホームページ上で公表しています。ご存知のとおり簡易検査であ
りますが、これまで放射性セシウムが20B q/kgを超えた給食はありませんでした。
また、基準値の2分の1を超えるような高い値がでた場合は、外部機関ヘゲルマニウ
ム半導体式検出器を用いた精密検査を依頼することになりますのでご理解ください。
合せ先:学校給食保健課(古河庁舎)
電話 22-5111

要望3について
茨城県を「原発事故子ども。被災者支援法」の対象地域に指定するよう県と国に対
して強く要望するようにとのことですが、この問題につきましては、法の趣旨からし
ましても、国が責任をもつて決定すべき問題であると考えます。市としましては、近
隣市町の動向を踏まえつつ、県との連携を図り、健康調査等の具体的村策及び同法に
基づく対策が積極的になされるよう、県から国に対して要請されるよう働きかけてま
いります。また、茨城県が同法の対象地域に指定された場合につきましては、ご要望
のとおり、国、県、近隣市町等と協力を図り、必要な施策に取り組んでまいります。
放射性物質の飛散量などの情報収集につきましては、市役所各庁舎及び市内小・中
学校、各保育所、体育施設、公園等において、定期的に測定を行っており、市ホーム
ページにも結果を掲載しております。こうした測定結果をはじめとして、国、県など の
モニタリング情報等についても随時確認し、市における今後の対策に活かしてまい ります。
問合せ先:危機管理課(本庁舎)
電話 92-3111

スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

imamo.311

Author:imamo.311
茨城県の放射能汚染対策に取り組みます。
Mail : ibaragi.net★gmail.com
★を@に変えて下さい

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。