スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールの汚泥の件

結城市の「子どもを守る結城市民の会」さんより以下の内容の紹介がありましたのでお知らせします。


皆さんの、もしくはお知り合いのお子さんの通う学校で、子どもたちにプール掃除をさせる学校はありますか?

プールの汚泥は放射能が高濃度に濃縮している可能性がありますので、昨年に続き市に要望を出そうかと思っています。

要望書のドラフト版を昨年しに提出した調査概要を基に作成してみましたので添付します。
是非ご覧になってみてください。
てにおはから内容に至るまで、ご意見、アドバイス、質問、何でも広く募集します。

また、各地域で広く動いたほうが効果的のようなので、協働する申し出も大歓迎です。

夏はまだまだ先ですが、お役所とのやり取りは、かなり時間がかかります。
昨年のやり取り状況を考えると、そろそろ動かないといけないかな、という時期です。

「子どもを守る結城市民の会」

要望書の内容はこちら↓↓
   教育委員会への要望
スポンサーサイト

保育園の除染活動についての紹介

保育園の除染活動についてご紹介します

★4月28日(日)に茨城県取手市の保育園除染作業を行います。

2月に事前調査をした「とねっこ保育園」の除染作業が4月28日に行われます。
通常は土嚢袋に汚染された表土を入れた後に穴を掘って現地保管し、穴の底部の土を表面にする「転地返し」が基本なのです。しかし、今回は高線量の休耕田に子供が行かないようにするためと、休耕田からの汚染土の進入を防ぐために、天地返しをした後、その上に線量の低いきれいな土で土嚢の壁を作ります。お城の城壁の様なイメージです。

今回は「技術が生んだ事故は、技術で修復する。それが責任。」と、福島県川内村でモニタリング活動を展開中の塩谷先生による「放射能対策講演会」も現地で同時に行いますので、ぜひ日頃の放射能について不安な事を聞いてください。
日時は除染同日4月28日(日) 12時から13時までです。
塩谷先生にお礼をしたいので当日100円くらいのカンパをお願いしますので協力出来る方はお願いします。
 
塩谷亘弘先生のご略歴;
1938年6月23日生
学歴:
1962年東京大学工学部冶金学科卒業
1975年東京大学工学博士(第3569号)
1962年理化学研究所(金属物理研究室)入所
1989年5月同所退所 東京水産大学水産学部教授
2002年3月 同大学定年退職 東京水産大学名誉教授
2002年4月 日本大学文理学部講師(非常勤) 
現在に至る。
専門分野 材料科学の基礎


そして、今回も「除染ボランティア大募集」です。
土嚢袋は取手市が2,000袋、面倒見てくれました!
スコップは「Power of Japan」さんから借りられそうです。

あとは「人手!」です。
皆さん、応援して下さい。

参加を希望される方は放射能NO!ネットワーク取手までご連絡下さい。
toride.nt.311アットgmail.com ※メールを送るときはアットを@に変換して下さい


活動場所:「とねっこ保育園」
         〒302-0038 茨城県取手市下高井1087−24
活動日時:4月28日(日曜日)9時開始(16時終了予定)予備日4月29日
       (月曜日)
       12時から13時まで:塩谷先生の「放射能対策講演会」を広い
        保育室内で行います。
       ※昼食は出ませんので各自用意してください。
用意するもの
       軍手
       土がついても洗い流せるか捨てられる服装&靴(斜面の上り
       下りできるもの)、
       マスク
       可能ならゴーグルまたメガネ
       可能なら線量計
一応あると良いもの
       スコップ
       ブラシ

今回の除染は東葛地区の保育園除染経験あるTokatsu safe projectさんを
始め多くのボランティアの方々のご協力の下行われます。(S.T
 )

Tokatsu safe project 

原発再稼働のはなし

たんぽぽ舎のMLで以下の記事が
原発事故から2年経ち、東京電力福島第一原発にさまざまな問題が出てきている上に
地震が頻発しているのに、推進派は恐ろしくないのだろうかと不思議に思う。

┏┓
┗■1.仏国アレバ社長・談「日本の原発6基が年末までに再稼働する」
 │ という話が日本に伝わってきた!
 └────(柳田真 たんぽぽ舎)

 一週間ほど前のある会合で、仏国から帰ったAさんから聞いた話し。
仏国・アレバ社(世界最大の原子力産業複合企業)社長が、「日本では今年中
に原発6基を再稼働するかもしれない」と語った。「6基」というと、私たち
が想像する、電力会社が早期再稼働をしたい原発の数とほぼ合う。外国で流れ
る話のほうが「日本より早い」のだ。

 昨年11月に結成した、反原発・再稼働反対等を訴える5団体と100人余りの
サポーターによる「再稼働阻止全国ネットワーク」の全力活動が期待される。
先週末、4月13日~14日、石川県羽咋(はくい)市で開かれた全国会議は
70人ほどの参加で、迫りくる再稼働の嵐へ立ち向かう陣形を討論し、固めた。

 全国の力を合わせて再稼働を阻止しよう!
 原発なしで電気は足りている。日本は地震活発期だ。
 再稼働した原発を地震がおそえば、またも「3・11の大惨事」が発生する。
 大惨事を防ぐため、持てる総力で頑張りたい。

たんぽぽ舎

土壌汚染のマッピングデータ

結城市の「子どもを守る結城市民の会」さんより以下の内容の紹介がありましたので
お知らせします。


―土壌汚染のマッピングデータ―

「地元の空間線量のオーダーはイメージできるけど土壌汚染はどの位だったかな?」
「子ども連れて出かける予定があるけど訪問先の汚染度どのくらいかな?」
などと考えてネットで探してみた方は多いと思います。
文科省でリアルタイムの空間線量モニタリングデータを公開してるけど実状と大きく隔たりがあったり、自治体公表の空間線量も同様な傾向を見受けるケースも少なくありません。
県のHPでは各市町村の土壌測定結果を掲載してます。
ベクレルの方が直接的に汚染度を把握できるので、これは意味あることなのですが、検体数も場所も不明であまりにも大雑把です。
このような動機で土壌汚染データのマップピングをぼちぼち始めてますが、市民自ら採取・測定したデータを集約する事にも意味あることだと思っています。
先ずは自分で測定したデータとつくば市民放射能測定所のデータを引用させていただいてマップをこのブログ右下で試験的に公開しています。
逐次データ追加していく予定でいますが、今のところデータ数が少ないので県西地域の自治体で実施した土壌測定結果も記載しつつ、市民が測定したものが出てきたら置き換えていこうと思っていますが、かなりスローペースになりそうです。
ご自身で検体を採取して自治体なり測定所に依頼して測定したデータお持ちの方、マッピングに反映しても構わないという方いらっしゃいましたらお知らせください。マッピングに反映させていただきます。
あわせて、ご意見・ご要望、もしくは「そんなの作らなくても良いサイトがあるよ」という情報も歓迎です。

「子どもを守る結城市民の会」ブログ→ameblo.jp/tacaloca/


つくばみらい市の回答

つくばみらい市からの回答を紹介します
平成24年12月27日
つくばみらい市長 片庭 正
 子どもの甲状腺検査を求める要望書の回答について

 平成24年12月5日付け「子どもの甲状腺検査を求める要望書」について、下記のとおり回答いたします。

 記
1.専門医による甲状腺検査を含む健康調査を長期にわたり定期的に実施してください。 

【回答】
 国が定めた「東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を
守り支えるため  の被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律(原発事故
子ども・被災者支援法)では、「一  定の基準以上の放射線量が計測される地域に居住し、
又は居住していた者及び政府による避難に係る  指示により避難を余儀なくされている者
並びにこれらの者に準ずる者」に対して、「放射線による外部被ば  く及び内部被ばくに伴う
被災者の健康上の不安が早期に解消されるよう、最大限の努力がなされるもの  でなけれ
ばならない」とし、「放射線による健康への影響に関する調査、医療の提供等」については、
「生  涯にわたって実施されることとなるよう必要な措置や、医療の負担を減免するための
施策を講ずる」として  おります。つくばみらい市としても、健康への影響調査については
必要なものと考えておりますが、一市  町村のみが行うものではなく、広域的な視点から
少なくても、県単位で実施することが疫学的な見地から  も適切なものと考えております。 
 国が実施主体となって行われるよう県を介して要望してまいります。

2.茨城県を「原発事故子ども・被災者支援法」の対象地域に指定するよう県と国に対して要望してください。

【回答】
 「原発事故子ども・被災者支援法」の対象地域の指定については、まだその詳細がはっきりしておりません。貴殿の、「茨城県」を指定して欲しいという要望ですが、市町村毎に指定なのか、地域を区切っての指定なのかもはっきりしていないのが現況であります。
 しかし、いずれにしましても、つくばみらい市を含めた地域を指定していただきたく、本市、取手市、守谷市及び常総市の四市で、共同して県を介して国に要望していくことでまとまっております。県南の当地域が協力して今後も対応してまいりたいと考えております。




提出した方の感想

 昨年から、2か月たち、そろそろ動きが見えてきても良いかと思う今日この頃
です。
 もう少し様子をみて、また、動かなくてはいけないのかな...と、言う気持ちにさせられるのが本心です。

プロフィール

imamo.311

Author:imamo.311
茨城県の放射能汚染対策に取り組みます。
Mail : ibaragi.net★gmail.com
★を@に変えて下さい

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。