スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮫川村で放射性廃棄物の焼却炉運転へ

年明けに鮫川村の焼却炉問題の話を説明しに取手まで来てくれた方がいました。
5月に署名を集めて送ってそれきりになっていました・・・工事が中断されたので
大丈夫だと思ってしまったのです。
その焼却炉が完成し、確認運転が始まっています。

以下―週刊金曜日―から引用

鮫川村で放射性廃棄物の焼却炉運転へ

福島県東白川郡鮫川村に、8000㏃/㎏を超える高濃度放射性廃棄物の「仮設」
焼却炉がつくられ、7月18日に確認運転が行われた。その結果をもって8月半ばに
本格運転に入り、約20カ月間焼却を続ける事になっている。
地権者のひとりは「同意書に署名捺印していないのに、地権者全員の同意が
とれた事になっていた。おかしい、同意書をみせてくれ、と役場に申し立てを
している。めちゃくちゃ過ぎて話にならない。すぐに壊して元に戻してもらいたい」
と語っっている。


取手では8000㏃/㎏を超える飛灰は今でも保管されています。どこにも持っていく所が
ないのです。8000㏃/㎏を超える高濃度放射性廃棄物を燃やしたらいったいどうなるのか。
本当にめちゃくちゃな事が全国で起こっています、原発も再稼働するのでしょうか。(S.T)
スポンサーサイト

原発再稼働のはなし

たんぽぽ舎のMLで以下の記事が
原発事故から2年経ち、東京電力福島第一原発にさまざまな問題が出てきている上に
地震が頻発しているのに、推進派は恐ろしくないのだろうかと不思議に思う。

┏┓
┗■1.仏国アレバ社長・談「日本の原発6基が年末までに再稼働する」
 │ という話が日本に伝わってきた!
 └────(柳田真 たんぽぽ舎)

 一週間ほど前のある会合で、仏国から帰ったAさんから聞いた話し。
仏国・アレバ社(世界最大の原子力産業複合企業)社長が、「日本では今年中
に原発6基を再稼働するかもしれない」と語った。「6基」というと、私たち
が想像する、電力会社が早期再稼働をしたい原発の数とほぼ合う。外国で流れ
る話のほうが「日本より早い」のだ。

 昨年11月に結成した、反原発・再稼働反対等を訴える5団体と100人余りの
サポーターによる「再稼働阻止全国ネットワーク」の全力活動が期待される。
先週末、4月13日~14日、石川県羽咋(はくい)市で開かれた全国会議は
70人ほどの参加で、迫りくる再稼働の嵐へ立ち向かう陣形を討論し、固めた。

 全国の力を合わせて再稼働を阻止しよう!
 原発なしで電気は足りている。日本は地震活発期だ。
 再稼働した原発を地震がおそえば、またも「3・11の大惨事」が発生する。
 大惨事を防ぐため、持てる総力で頑張りたい。

たんぽぽ舎

美浦村にひとりで要望書を出す予定のSさんのお話

美浦村にひとりで要望書を提出してくれるSさんに今の心境を
教えて頂きました、美浦村の方が居ましたら是非一緒にお願いします!!!

~Sさんより頂いたメール~

原発事故から何日か過ぎても状況がつかめない中、私たち親子は放射能プルームが漂って居た事も知らなかったのですが大阪へ向かいました。
その後も子どもの長期休みのたびに、他県へ保養へ行ったりしていたのですが、周りの身近な人達からは「?」 というリアクション受けることが多かったように思います。

でも、DNAを傷つける核だよ、放射能だよ、みんな余り口に出さないけど怖くないのかな…。まだ半年も経たない頃からは地震の話題は出ても、原発事故や放射能のことについて話をする人は周りから居なくなっていました。気がつけばその恐怖が頭のなかをぐるぐると巡って、誰にも相談できずに一人で悩んでいました。

 ある頃を境に、母子移住を考えるようになったのですが、その前に一度茨城は大丈夫なのか大丈夫ではないのかを調べようと思っていた時に、放射能NO!ネットワーク取手さん の活動を知り、色々話を聞いて頂いたり勉強させてもらうことになりました。その時に、今自分が出来ることは何なのかを考えるようになったのですが、その力は微々たるものだと感じました。

でも子ども達の為に活動されている他のお母さん達や、協力してくれる様々な人の存在を知って、とても勇気をもらうことが出来ました。

 もう今では周りがこうだから、とかは気にならなくなり、今自分がこう考えているからこうやりたい!子どもの健康が心配だから行動する、という様に考えを変えてみた結果、以前よりストレスが少なくなったようにも思います。まだ身近な人達集めて連携して、という様な技量がないのですが、まず自分だけでも出来ることは何かないか、そこから始めてみようと今回自分の住んでいる地域の首長に要望書を提出してみようと思いました。こんな経験は全く初めてですが、アドバイスを頂きながらチャレンジしてみるつもりです。とても勇気のいることですが、今何か出来る事をやらないと、自分の中でまたずっともやもやを引きずることになりそうな気がしたのもあります。自分の事だけなら出来ないかも知れないのですが、子供の未来のためならがんばれそうな気がするのです。
プロフィール

imamo.311

Author:imamo.311
茨城県の放射能汚染対策に取り組みます。
Mail : ibaragi.net★gmail.com
★を@に変えて下さい

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。