スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取手の意見書


取手の放射能NO!ネットワークから以下のお知らせが有ったので紹介いたします

8月30日に復興庁が原発事故子ども・被災者支援法の基本方針案を発表しました。

それによると、支援対象地域は福島県内の33市町村の限られ、施策の中身も今までに実施されていたメニューが大半で、新しいものは非常に少ないという状況でした。

 

 支援法では線量に基いて支援を行うこと、被災者の声を反映するシステムを作ることが謳われていましたが、この基本方針案ではそれらが全く無視されていたのです。

 

 放射能NO!ネットワーク取手では、9月1日の事務局会議で対策を話し合い、復興庁宛に市議会から意見書を出してもらおうということになりました。

 

 市長と議長にも協力を要請する文書を送りました。議長からは早速協力するというお返事を頂き、大変心強く感じました。

 

 市長宛・議長宛の要請文と、国に出す意見書案を作成し、9月3日に市役所に届けました。

議長にお会いすることが出来て、議会初日の4日は無理だが、2日目の冒頭で取り上げると約束して下さいました。

 

 後は議員の仕事です。とりで生活者ネットワークの池田議員に提案のお願いをして了承していただきました。池田議員は各会派をまわり、提案者に名を連ねてくれるよう要請し、ほとんどの会派から賛同を頂くことが出来ました。

 

 議会2日目(9月5日)、冒頭でこの意見書案の審議を行い、全員賛成で可決しました。

その結果、国に対して声をあげることが出来ました。意見書の内容は添付ファイルをご覧ください。

 

 普通は意見書の採決は議会の最終日ですが、パブリックコメントの締切に間に合わせるため、急遽2日目に審議・採決を行うという議長の采配で、こんなに早く結果を出すことが出来ました。

 

 守谷市長がこの基本方針案に対するパブリックコメントに常総広域の4市で共同して意見を出そうと働きかけて下さったようです。取手市の放射能対策課の話では、週明けにも意見をまとめる動きが有るとのことでした。これは非常に嬉しい動きです。また、守谷市長は県の市長会会長なので、県の市長会にも働きかけて下さるとの情報もあります。

 

 皆さんの自治体でも議会への働きかけを是非お願いします。国民一人一人のコメントも重要ですが、自治体議会からの意見書は国に対して力を発揮すると思います。

--

小泉眞理子


原発事故・子ども被災者支援法意見書案

被災者支援法要望書市長あて

被災者支援法要望書
スポンサーサイト

自治体への要望書提出状況

12月9日現在確認出来ている要望書提出済の自治体のお知らせ

【新たに確認できた自治体】

☆ 11/30 提出 八千代町 (八千代町の子どもたちを守る会)

☆ 11/30 提出 笠間市  (明日の子どもを守る会笠間)

【提出済自治体】

・常総市(常総市の子ども達を守る会)
・取手市 (放射能NO!ネットワーク取手・生活クラブ生協取手支部・とりで生活者ネットワーク)
・竜ヶ崎市(放射能汚染から子どもを守ろう@竜ヶ崎 ・ ママ友の会)
・ひたちなか市 (個人)
・小美玉市(小美玉市の子供を放射線から守る会)
・石岡市(低放射線被ばくから身を守る会・石岡 )
・牛久市(子どもの未来を守ろう@牛久)
・結城市(有志4名)
・古河市(古河市の子ども達を守る会)
・下妻市(下妻市の子ども達を守る会)
・土浦市(個人)
・かすみがうら市(放射能汚染から子どもを守ろう@かすみがうら)
・水戸市 (生活クラブ水戸北・南)
・筑西市(子供の未来を考える会 筑西市)
・美浦村 (個人)
・守谷市 (放射能汚染から子どもを守ろう@守谷)

自治体への要望書提出状況

 12月7日現在確認出来ている要望書提出済の自治体のお知らせ

【新たに確認できた自治体】

☆ 12/5 提出 美浦村 (個人)

☆ 12/6 提出 守谷市 (放射能汚染から子どもを守ろう@守谷)

【提出済自治体】

・常総市(常総市の子ども達を守る会)
・取手市 (放射能NO!ネットワーク取手・生活クラブ生協取手支部・とりで生活者ネットワーク)
・竜ヶ崎市(放射能汚染から子どもを守ろう@竜ヶ崎 ・ ママ友の会)
・ひたちなか市 (個人)
・小美玉市(小美玉市の子供を放射線から守る会)
・石岡市(低放射線被ばくから身を守る会・石岡 )
・牛久市(子どもの未来を守ろう@牛久)
・結城市(有志4名)
・古河市(古河市の子ども達を守る会)
・下妻市(下妻市の子ども達を守る会)
・土浦市(個人)
・かすみがうら市(放射能汚染から子どもを守ろう@かすみがうら)
・水戸市 (生活クラブ水戸北・南)
・筑西市(子供の未来を考える会 筑西市)

自治体宛ての要望書を一部修正し支援法についての要望項目を追加!

自治体宛ての要望書を一部修正し、支援法についての要望項目を追加
させていただきました。ご確認くださいませ。


<自治体宛て要望書・修正版> 
http://goo.gl/yy6P2
支援対象地域になる為には、自治体からの声も重要となってきます。要望項目に是非加えていただければ幸いです。


<自治体宛て資料・修正版>
http://stoutest.jp/zt/youseisho.pdf

●東海村甲状腺検査の資料を11月6日の新聞記事に変更いたしました
●一部資料がご覧いただけない不具合が生じておりましたが、現在は修復させていただいております。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。



★要望書提出にご協力いただける方は、下記に直接メールを下さい
こちらから編集可能な要望書と資料を送らせていただきます。
放射能からいのちを守る茨城ネット
ibaragi.net@gmail.com



「子どもの健康調査を要望しようinいばらき」

 
「子どもの健康調査を要望しようinいばらき」

茨城県と自治体への要望書提出&賛同のお願い


この度、茨城県と自治体への子どもの甲状腺検査を始めとする総合的な健康調査を要望するにあたり、
要望に賛同してくださる個人・グループ・団体を募集しています。
また、各自治体に要望書を提出してくれる個人・団体も同時に募集させていただきます。
要望書の草案はできていますから、個人でも簡単に提出できますよ。

賛同締切は 2012年11月10日


福島で行われた検査では甲状腺の異常が全体で43%を超えるという実態が見え始め、
私たちの周りの地域でも子ども達の健康調査を要望し、それに応えてくれる市が出てくる
ようになりました。

地域で検査をするメリットは病気の早期発見ができることの他に、個人では限界がある今
の状況の問題点をみつけ出すことで、さらに被曝を減らし、より安全に暮らせるよう行政とともに考え動けるようになることです。

健康被害は食物等による内部被曝が大きく関係するようですから、土地の汚染状況に関わ
らずに検査し、調査することも大切です。

まずは知ることから始めるために、それぞれの地域を超えて茨城県に住むもの同士、手をつないで声をあげていきましょう。


★ 自治体に要望書を提出したい方はまず、私たちにご連絡ください。
放射能からいのちを守る茨城ネット
i b a r a g i . n e t @ g m a i l . c o m   T e l : 0 2 9 7 - 2 2 - 2 5 1 6 ( 青木)


★提出に賛同していただける方は、こちらにアクセスください↓

http://kokucheese.com/event/index/58368/

要望書に添えて、賛同者のリストも提出させていただきます。
個人、グループ、団体など、どなたでも賛同できます。
グループは、サークル、PTA, 子供会、会社〇〇課、病院、小さい大きい関係なく大歓迎。

放射能からいのちを守る茨城ネットhttp://imamo311.blog.fc2.com/
呼びかけ団体:放射能NO!ネットワーク取手、常総市の子どもを守る会
放射能汚染から子どもを守ろう@守谷


★要望書はこちらからご覧になれます↓ 
<自治体宛要望書>
 http://goo.gl/yy6P2

<自治体宛・要望書資料一覧>

<県 宛 て 要 望 書>

プロフィール

imamo.311

Author:imamo.311
茨城県の放射能汚染対策に取り組みます。
Mail : ibaragi.net★gmail.com
★を@に変えて下さい

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。